スポンサーサイト

| | | |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.04.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一人暮らしのインテリア(5)安くておしゃれなライティングを考える。間接照明をつけてみた。

| |
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |


うちの照明はこんなかんじ。
うちには全部で6個の間接照明があります。




間接照明に憧れていたのですが、
天井につけたり、壁を傷つけたりするような照明はつけられないので
なんとかいい方法ないかなーといろいろ考えた結果たどり着いたのがこれ。

998円のクリップライトです。
こういうの↓

これを4つ。
カーテンレールなんかをうまく活用して取り付けました。


さすがにこれだけあると電気代が心配なので、
電球が切れたものから随時、電球型蛍光灯に交換しています。



小さいサイズの電球なのであんまり種類がない&2個入りとかの安いのがないのが難点ですが・・・。

これで1個40Wのところ1個9Wに節電出来ます。
全部替えたら160Wが36Wに!

同じ電気代で約4.5倍の時間つけられますね。

この写真は電球切れる前(レフランプがついている時)のものなんですが、

電球型蛍光灯はミニレフランプよりかなり大きいので
切れて交換したヤツは電球がはみ出しています・・・。

まぁあまり見えないのでよしとしよう。



5番は無印良品のアロマランプ。
誕生日プレゼントにいただきました♪素敵!

6番は氷をモチーフにしたライト。
ホントに氷みたいでかわいいんです。



部屋のメインの電気はこれ。




これも100Wの電球×2個という電気代が気になって仕方ない電気だったので
どちらも電球型蛍光灯に交換しました。

節電節電。


間接照明つけるときは電気代にも気をつけて。

ちなみにふと気が付いたんですが
うちのメインの照明・・・・。




・・・コレの偽者のような気がするよ!

だってメチャクチャ安かったもん・・・しかもちょっと形違うしw

まさか本物(?)があるとは思わんかった・・・・・。
ビックリ(笑)


■関連エントリー■


一人暮らしのインテリア(4)和室のよさを生かした(完全に私の好みの)モダンなインテリアを考えてみる

| |
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |

自分の部屋は和室→洋室にしておいて
なんというタイトルだ!って感じですが。

何度も言うように

和室大好きです。


旅に出かけたら極力和室に泊まりたいです。

和室から洋室に変えてのインテリアという内容の記事を書いていることもあって
結構『和室』『インテリア』という検索結果でこのブログを見てくれている人が多くて、洋室の紹介ばっかりで申し訳ないなぁと思い・・・。


和室→和室のままで自分好みのインテリアを追求するならどんな感じにするかなーと思っていろいろ調べてみました!


ということで

・私が和室に住むならそろえたい家具、小物など
・和室のインテリアで参考になるサイト
・和室の色使いなど


について思いつくままに勝手に。

それでは

和室合いそうな気がする家具、小物から。



家具-----------------------------------------------------------------

和室でもとにかくブラウンでそろえたいなー。

落ち着く感じがするし。


■テレビ台





■椅子
和室といえばやっぱりこれでしょ。あと座布団も。


こんな収納つきの畳もありました。
床べったりが苦手な人は、座布団しいてソファー風に使ったり、ベッドにしてもよさげ。



■デスク

どちらも使わないときはちいさくたたんでしまえる便利なデスク。
小さくなるのは一人暮らしには便利でうれしい。


■棚

濃いブラウンはならこういうちょっと変わった形のオープンラックも和室にあうんじゃないかな



見せたくないものの収納にはローボード。


小物・雑貨----------------------------------------------------------------

■雑貨

とにかく生活観のあるものはしまって隠したいところ





■観葉植物

やっぱり部屋に植物があるとがらっと部屋の印象がよくなります。空気もきれいになって心も癒され、いいことたくさん。
和室にはドラセナやサンセベリアやストレリチアのような、しゃきーんとのびてる植物がカッコイイのではなかろうか。


■フラワーアレンジ

こういうお花があるだけで部屋の印象がぐっと華やかになりますよね!
プリザーブドフラワーです。




■照明

定番系

私はあえてこんな照明がいいな。

 



■間接照明・フロアランプ

こういうのが1つあると夜はさらにぐっとおしゃれになりますね!

和傘照明!オシャレ!!



和室のコーディネートが参考になるサイト

畳屋さんのホームページや、旅館のホームページの写真なんかはとてもおしゃれでインテリアの参考になるなぁ〜!と思いました。



鳥本製畳株式会社
http://www.tatamiya3.com/index.php

木村畳店
http://www.kimuratatamiten.com/

坂本畳店
http://www.sakamoto-tatami.com/

山荘無量塔
http://www.sansou-murata.com/

壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋
http://www.kabeyu.jp/

黒川温泉 里の湯 和らく
http://www.satonoyu-waraku.jp/index.html

 

和テイストからぶれないために。和の伝統カラーが見られるサイト

日本の伝統色 和色大辞典
http://www.colordic.org/w/


色々見ていて思いましたが、 美しい和室はとにかく無駄なものはなにもない!

・ごちゃごちゃしたものは徹底的にしまう
・生活観のあるものはカバーをかけるなどして見えなくする
・とにかくはじめは和カラーでまとめる

かなぁと思いました。

うーん、私はとにかくものもちなので、和室でシンプルに暮らすのは難しそうだ・・・。

みなさんはステキなお部屋を作ってくださいね!





■関連エントリー■


一人暮らしのインテリア(3)塗れない。けどなんとか白くしたいぐるりと囲まれた木の部分。

| |
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |


自己満足日記第3回。

一人暮らしのインテリア(1)ウッドカーペットで床を畳→洋室風に。
一人暮らしのインテリア(2)つなぎ目をどうするか、それが問題だ。

で床はすっかり洋室になりました。

よしよし、これで和室っぽさもだいぶなくなっただろう!
と顔を上げたその時。

まぁなんということでしょう・・・!




あぁ、もう和室っぽいですものすごく・・・・・。

ということでこれをなんとかしなくては。


しかし賃貸です。
賃貸なのでペンキで塗ったりはできません。
壁紙シートを買ってきて貼るか!?とも思いましたが、ちゃんときれいに剥がれるか心配な上に細く切ったり糊で貼ったり、手間がかかりすぎます。。。


ということで今回使ったのはこちら



じゃん。




ビニールテープー!


ダイソー調達してきました。
ビニールテープってリーズナブル!

お金掛けすぎてはね、何のために安い部屋に引っ越してきたのかわかりませんからね。

お父さんが仕事でよく使っていて、しっかりくっつくけど糊がベタベタ残らない、シールがぱりぱりにならないイメージがあったので採用。

こんな感じに仕上がりました。



さっき写真を撮るために剥がしてみましたが
木のほうには糊も残らずきれいに剥がれて、戻すとまたきれいにはりつきました。
(テープの方には少々木屑がつきますが・・・)

なかなかよい仕事をするではないか!ビニールテープ!

ということで無事に壁は一面白くなったのでした。
心なしか奥行きもでたような。

めでたしめでたし!


ちなみにこの木の枠の部分ってなんていう名称なのかな??
わかる人いたら教えてください><。

☆追記☆
どうやら廻り縁というらしい。
うちは二重廻り縁みたいです。

all about 廻り縁について



■関連エントリー■


|一人暮らし|インテリア|モダン|和室から洋室|畳からフローリング|補修テープ|ダイソー|ビニールテープ|木枠|隠し|

一人暮らしのインテリア(2)つなぎ目をどうするか、それが問題だ。

| |
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |

無事にフローリングカーペットを引き終わりました。
 しかし、2枚敷いているので継ぎ目が・・・。


(↑写真はどうにかしたあと)

あと、キッチンと続いている扉のところについてしまったほんの何ミリかの段差も気になります。 万が一引っかかって転んだりしたら危ないし。

ということで目立たずつなげるいい物はないか探していたところ、ダイソーでちょうどいいものみつけました。

こちら↓



【木目調補修テープ ダークブラウン】

 敷いているフローリングカーペットと色がフローリングカーペットとほぼ一緒!

つなぎ目もそこまで目立ちません。
いや、もちろん近くで見たらバレバレですが・・・


それでは2枚のつなぎ目を接着。

この補修テープだけではしっかりと2枚をつなげるには力不足なので、幅の広いセロハンテープのようなもの(透明のビニールテープ)を買ってきて、接続部分に1回、左右をとめるように各1回、計3回貼ってまずは2枚をしっかりと固定しました。

↑こういうのでやりました。

 その上にこのテープを貼って目隠し。

1年経ちましたが、段差がひどいところもしっかりとビニールテープでとめているので2枚が離れたりしてしまったところはいまのところありません。

危ないところのカバーや配線の目隠しにも。

キッチンとの境目部分にもこの補修テープを貼りました。 さらにいろいろ間接照明をつけたりしたのでいろいろケーブル類を床に這わせないといけなかったのですがそのケーブルの上にもこの補修テープをぺたっ。
  配線が見えなくなって、すっきり見えるようになりました。



↑値段は違いますがネットでも近いテープが売ってました。

個人的には配線隠しとして気に入ったので1つ多めにストックしています。
人気なのか、売り切れている店舗も多いので・・・。

希望の色が見つかった場合は必要な分だけ早めに確保した方がいいかも。

■今回の登場アイテム

ウッドカーペット
⇒ネットで購入 江戸間6畳用ウッドカーペット

フローリング補修テープ

⇒ダイソーにて購入。3つ使用

透明ビニールテープ
⇒これはホームセンターで丈夫な物を購入。セロハンテープみたいに時間が経ったら日焼けしてバリバリってこともないし、いろいろ使えて便利。




■関連エントリー■


|一人暮らし|インテリア|モダン|和室から洋室|畳からフローリング|補修テープ|ダイソー|コード|配線|目隠し|

一人暮らしのインテリア(1)ウッドカーペットで床を畳→洋室風に。

| |
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |
築30年賃貸のリフォーム日記その1。

畳でうたたねが大ーーー好きなんですが、
リビングはフローリング派なんです・・・!ということで畳のお部屋とお別れ。
脱・畳作戦、開始。


いろいろ迷ってフローリングカーペットにしました。


まず部屋をフローリング風にするためには??

・ウッドカーペットを引く
・クッションフロアーを引く

ぱっと思いついたのはこの2つ。


ウッドカーペットは…木の板がじゅうたんの裏地のようなものに貼り付けられているカーペット。表面は木材なのでしっかりとしていて重厚感がある。ネックは高い。硬い。重い。

クッションフロアーは・・・フローリング柄など色んな柄のあるクッション上のシート。最近の洋室の賃貸部屋はこれのところもあったりする(前の家はそうだった)ネットで買えばシート自体は比較的安い。色・柄が多彩。ネックはビニールっぽそうなところ。軽いから浮いてきそう。


ちなみに私の希望の条件はこんな感じ。

・賃貸なので畳はそのままで。
・畳に傷をつけたくない。
・おしゃれなブラウンの木目柄
・出来れば低予算・・・

これをふまえた結果だと、


・予算
・柄の選択肢


などポイントにおいてはクッションフロアーが優位だったのですが

うちの場合畳の上に引くので、


・畳の上に引くので段差ができるのでクッションフロアーだと浮いてしまうかも
・下が畳なのでボンドやテープで直接固定できない
(※ちなみに今考えるとじゅうたんようの長い画鋲を刺すという手もありましたが、当時の私は思いつきもしませんでした)


ことなどがネックとなり、うちはウッドカーペットに決定

ウッドカーペットなら重さもあるし、ずれなさそうだし。

ということで、ウッドカーペットに決めたところで情報収集開始。



大きすぎて運ぶの無理そうだったのでネットで買いました。でも色は見たい。


どうしても色を見て買いたかったので、ネットでサンプル取り寄せられるお店を探して買いました。

こちらで購入→アジア工房


おー!いいかんじー!希望に近いブラウンがありました。


がしかし・・・いざ注文というところで問題が・・・。



まさかの事態”部屋の大きさにあうサイズがない”。


よくよく部屋のサイズを計ったら、同じ6畳2間なのに2つの部屋の大きさがそれぞれ違う!!!
しかもどっちの部屋も中途半端な大きさで、江戸間6畳も団地間6畳もどれもこれも合わない。
ちょうどいいサイズのものがありません・・・。

 

一番近いのは江戸間6畳なんですが、

部屋Aには横が長い。縦が短い。
部屋Aには横が長い。縦も長い・・・。

うーん。。。。。困った。。。

悩んだ末に、こうなりました。


下図参照。

 

なんとか解決。

縦幅は単純に各部屋の長さで考えるのをやめて、2部屋プラス敷居の長さをあわせたもので考えることにしました。

敷居の部分が浮いたりしないかちょっと心配ですが、こうすれば自分でなんとか出来そう!!!

※フローリングカーペットは板が横に並んでいて、じゅうたんのようなものに貼付けてあるので、その絨毯の部分をはさみでカットすれば横幅は簡単に調節できるのです。


ということでこの図通り、一部畳がみえていますが・・・
なんとか一面フローリングカーペットにすることが出来たのでした。


以下今回の残念ポイント


↓チラリズム畳。

   ほんのちょっと柱が引っかかった。。。父にのこぎりで削ってもらいました。↑




振り返りついでにいろいろ見ていたら、クッションフロアーだといろんなデザインが選べておもしろいですねー。

木目調だけでなく、タイル風とか、うちっぱなし風とかいろいろある。面白そう。



ということで

床に関する自分的まとめ。


■賃貸で

◎畳→フローリング


・市販のサイズのフローリングカーペットがぴったりあう
 →フローリングカーペット。ずれないし、どっしりしているし、快適。


・市販のサイズのフローリングカーペットがあわない
 →クッションフロアーもあわせて検討。クッションフロアーのほうがカットとか楽。フローリングカーペットは今回みたいに自力でなんとか出来ないときはあきらめる。フローリングカーペットはカットをお願いすると結構お金がかかる・・・。


◎フローリングやタイル張り→色を変えたい、イメチェンしたい

 →クッションフロアーを使って簡単リフォーム。最近のは色柄もいろいろあって簡単にイメージチェンジできる。



■持家で


◎畳→フローリング
 →できればリフォームする。フローリングカーペットはどうしてもぼわっとする。


◎フローリングやタイル張り→色を変えたい、イメチェンしたい

 →クッションフロアーを使って簡単リフォーム。最近のは色柄もいろいろあって簡単にイメージチェンジできる。




-------------------------------------------------------
■今回の登場アイテム■
ウッドカーペット⇒江戸間6畳用ウッドカーペット

サンプル請求できます

-------------------------------------------------------



|一人暮らし|インテリア|モダン|和室から洋室|畳からフローリング|


1